ウーマン

悩んでいる人は意外と多い|多汗症は治療で治せます

正しい対処法

看護師と先生

何の理由もなく大量の汗が出る病気を多汗症と言います。多汗症は整形外科や皮膚科での適切な治療で症状を改善できる病気です。治療法は交感神経そのものに手を加えることがほとんどです。近年ボツヌリス菌を注入するボトックス治療が発汗抑制の効果が高いと注目されています。

もっと読む

季節に関係なく汗をかく

腕を上げる女性

自律神経の乱れで症状が出てくる多汗症は、抗コリン薬を服用することで治療できます。根本的な改善を考えている方は、手術を受けるのがおすすめです。最近は保険適用が認められているボトックス注射が注目を集めています。

もっと読む

汗のお悩みは

医療器具

多汗症の治療を受ける時は、まずは原因となる他の重大な疾患が無いかチェックしましょう。特に原因となる疾患が無い場合は発汗を抑制するための手術や注射などの多汗症の治療を受けることができます。部位やライフスタイルに合わせて適切な方法を選びましょう。

もっと読む

汗をかき過ぎるという病気

脇

多汗症とは、日常生活に支障を来すほどの大量の汗をかく症状のことをいいます。暑いからとか緊張したからということでなく、交感神経の失調という器質的要因があるという点で単なる汗っかきとは異なります。薬物投与から外科手術まで、さまざまな治療法が存在します。

もっと読む

汗の悩みを解消しよう

ワキ

汗かきとは異なります

多汗症は汗を多くかいてしまう病気である。汗は体内の暑さを和らげる為に出るものであるが、多汗症の場合は暑さのために汗を多量にかくのではない。汗をかく体内メカニズムが異常になっている状態であるため、暑くなくても多量の汗をかいてしまう。この点で単なる汗かきとは異なる身体機能の不全であると言える。汗をかく作用は交感神経が関わっているが、幼少期からの不全であるため、一時的に多汗症になるということはない。むしろ、日常生活などにも支障をきたすことが多いため、現在では手のひら、わき、顔、頭部の多汗症治療には健康保険が適用できるようになっている。多汗症は症状による素人判別は難しく、治療が必要かどうかは専門医でないと判断できない場合がほとんどである。日常生活にも支障をきたすケースが多いので、気になる場合はまず専門医の診察を受け、必要であれば治療を受けることをお勧めしたい。多汗症にも種類があり、全身に多量の汗をかく【全身性多汗症】、局所的に多量の汗をかく【局所性多汗症】がある。【局所性多汗症】は多汗症の中でも最も多く症例として見られる。多汗症の原因は様々であり、ストレスや不安、肥満、喫煙、ホルモンバランスの乱れ、糖尿病などがある。

症状に合った方法を

専門医の診察を受けるのにあたって、現在どのような治療法が存在するのかを把握しておいたほうが良い。多汗症治療の方法にはいくつある。まず、【心身療法】は不安による発汗が強い人向けの治療法である。精神安定剤を使用したりリラックス状態を意識的に作り出すトレーニングをすることで発汗を抑えられるようにする。次に、【薬物療法】の場合は汗腺の刺激を阻害する薬を使用する。汗腺への刺激を阻害することで、汗をかきにくくする仕組みである。【イオントフォレーシス】は汗腺にダメージを与えることで汗の生成を抑える治療法である。患部を濡らして弱い電流を流す。手のひらが多汗である場合に使用される。【内服薬を使用】する場合は、多汗は交感神経が過剰に働いている状態であることに着目し、交感神経の動きを抑える薬を服用する。時間がかかってもよい高い安心感を求める場合には、漢方薬を使用する場合もある。さらに、手術という方法もある。原因を根本から取り去ることになる。効果は格段に上がる。手のひらの場合は傷はほとんど目立たず、即日退院も可能である。脇の場合は汗腺を除去する。以上のように、多汗症治療には様々な手法があり、それぞれにメリットがあるので、状態に応じて自分でも取捨選択しておくとクリニック選びをする上でも有効であろう。