レディー

悩んでいる人は意外と多い|多汗症は治療で治せます

正しい対処法

看護師と先生

多汗となる病気の主な原因

激しく体を動かしたわけでもなく、暑苦しいわけでもないのに汗が大量に出続ける病気を多汗症と言います。現在多汗症は体質と思われている方が多いのですが、れっきとした病気であり適切な治療により症状は改善可能なのです。現在多汗症で悩まれている方は非常に多く、特に額やワキ、背中から大量に汗が出ると大変目立つ為、対人関係に支障が出るケースも少なくありません。また大量に汗をかくとその臭いも気になり始め、それらのストレスや緊張が原因でさらに汗の量が増えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。その結果多汗症の人は外出や人前に立つのが億劫となり、うつ病に至る場合もあるのです。多汗症が発症する原因は、現在明確にはされていません。ストレスや緊張によって汗の量は増加しますが、それらが根本の原因ではないとされています。近年、多汗症患者のその殆どが、自律神経のなかの交感神経の反応が過剰であることが分かってきました。つまり多汗症は精神的・心理的な問題で起こる病気ではなく、神経伝達の異常・過敏過ぎることが原因で発症している可能性が高いのです。また最新の研究により、多汗症は遺伝的な要因によって発症する可能性があることも分かってきました。

多汗となる病気の対処法

多汗症は他の病気が原因で発症することもあります。多汗症を最も引き起こしやすい病気が甲状腺機能亢進症です。また更年期障害が原因で、大量の汗が出るケースも少なくありません。多汗症は整形外科、皮膚科での適切な治療により症状の改善が可能です。多汗症の治療は過剰な交感神経の伝達を遮断する治療法と、神経自体を外科手術にて切除する治療法が基本となります。手のひらの多汗の改善には現在胸腔鏡下交感神経切除」が最も有効とされています。そして足の裏の多汗には、外科手術による切除よりも、腰椎の側部に位置する交感神経を遮断する方法が、最も有効とされています。そして近年、欧米を中心に注目されている多汗症の治療法がボトックス治療です。ボトックス治療とはボツヌリス菌を体内に注入する治療法です。ボツヌリス菌には、発汗を促進させている交感神経の働きを抑制させる効果があるのです。ボトックス治療は多汗の改善に非常に有効な治療法ですが、ワキガのタイプの多汗症においての臭いの改善には効果が薄いのが特徴です。大量の発汗により日常生活や対人関係に支障が出ている人は、一人で悩みを抱えずに整形外科、皮膚科の専門医に相談をしてみましょう。